宗教法人玉泉山長清寺寿山霊園

霊園使用規則

一、永代借地権者に対する項目

(一)霊園使用者が焼骨を埋収蔵または改葬しようとするときは、許可書証を霊園管理事務所(職員)に提出した所要事項の記入を受けて下さい。

(二)使用者の本籍、住所または氏名の変更があったとき、もしくは許可証の忘失、汚損したときは遅滞なく届け出て、訂正または再交付を受けて下さい。

(三)使用者が墓碑建立その他の工事をなす時は、事前に当霊園管理事務所に立塔又は工事届書及び霊園一時使用許可申込書を提出して承認を得て下さい。

(四)次のような場合は使用承認を取り消すことがありますのでご注意して下さい。(取り消しの場合、永代金は返還しない)

1.使用者が死亡した日から起算して、五年を経過しても祭祀を承継する者がいないとき。

2.使用者である法人が解散したとき。

3.使用者が承認を受けた日から使用せずに五年を経過したとき。

4.使用者が使用料を納めないとき、または五年間管理料を納めないとき。

5.使用者が住所不明になって五年を経過したとき。

6.使用者が承認を受けた目的以外に使用したとき。

7.使用者が使用場所を無断転貸したとき。

8.長清寺寿山霊園規則に違反したとき。

9.使用者又は工事人が無断で着工又は施工したとき。

(五)当寺院規則にて納入金はお返し出来ません。

(六)当霊園内に於ける塔碑建立その他の工事は当霊園指定の石材、建設業者以外は施工出来ません。

二、石材業者に対する項目

(一)当霊園内における塔碑建立その他の工事は当霊園指定の石材建設業者以外は施工出来ません。

(二)石材業者が塔碑建立する時は当寺院運営委員会に一週間前に申し出てください。

三、一般墓参者の公共秩序について

供花、供酒、供菓、などを何時までも放置し先祖の供養に対し礼儀を失しない様に心がけて下さい。

Trance media GP